会計事務所について

会計事務所へ就職・転職をお考えの皆様へ

会計事務所は労働集約産業の典型です。すなわち「人」がすべてだと考えています。
しかし、税理士事務所、会計事務所で働く人の定着率は、あまり高くありません。
会計事務所側と働いてくれる人側、双方に課題があるのだとは思いますが、一番大きな問題は、お互いのビジョンのミスマッチングにあると思います。
就職してみたら描いていた思いと違って…なんてことにならないように。
このページは、会計事務所業界で多くの優秀な人材が活躍されることを願って、会計事務所業界への就職や転職を検討されている皆様に、業界の情報と弊社の考え方をお伝えすることを目的としています。情報の中には、私見が含まれております。あくまでも情報のひとつとしてご一読頂き、会計事務所への応募や選考の一助になれば幸いです。

会計事務所ってどんな仕事?

会社の経営には、経理が必要です。経理を正確に行うことで経営の状態がタイムリーに把握できます。また、税金を正しく申告するためにも経理は不可欠です。
この会社の経理・税務をサポートするのが会計事務所の主な業務です。
会計事務所では、経理そのものを代行するスタイルと、企業が行った経理が適正に行われているか監査するスタイルがあります。どちらかに重きを置いている事務所、また、両方混在している事務所が存在します。
経理代行型の事務所を選ぶか、監査中心の事務所を選ぶかで仕事の内容が大きく変わります。監査中心の事務所の場合、「会社の経理担当者の育成」、「その後の経理・税務の監査」が中心となります。
また、どちらの場合も、会計期間終了後の決算業務・申告書作成業務があります。

弊社では、経理代行も行っておりますが、会社自らが経理を行うことを推奨しております。出来る限り経理を自社で行っていただき、その後、適正な監査を実施し、出来上がった会計書類をもとに、会社の経営状態の把握をしていただくことに重点をおいて日々業務にあたっています。

個人向けの仕事

会社向け以外の個人のお仕事としては、主に所得税申告と相続税の相談、申告業務があります。
所得税は、個人で事業を行っている方をはじめ、不動産や、保険などの収入があった場合、または、医療費控除など各種控除を受ける場合に申告の必要があります。
相続税は、お亡くなりになった場合、また、生前の贈与、相続税の軽減を図る対策等さまざまな仕事があります。
企業を経営されている社長、そのご家族にとっては、相続税は切っても切り離せない問題でもあります。
この相続税のお仕事は、会計事務所によっては質、量ともにバラつきがあります。

弊社では、相続税申告業務は、法人経営者、資産家の方を中心に、相続税対策に力点を置いて取り組んでいます。また、平成 27 年からの増税に伴う対策、事業承継に伴う相続・贈与についても積極的に対応しています。

会計事務所の業界動向

税理士制度が制定されて 70 余年、会計事務所業界も成熟期に入りました。日本における企業数も減少するなか、競争も激しく安定的にお客様が増えていくという時代ではありません。
その意味では、お客様の満足を勝ち取れる高品質なサービスが必要な時代が来ています。
売上が伸びないと企業の発展・存続は難くなります。会計事務所ももちろん例外ではありません。成熟産業では、売り上げが拡大する企業と、衰退する企業が顕著になります。これも会計事務所も同じです。会計事務所が、先生稼業だという時代は終わったと考えます。弊社ではサービス業だと考えております。厳しい会計業界ではありますが、逆に考えれば、競合する他の事務所との違いを打ち出し、高品質なサービスを提供すれば、まだまだ成長が見込める業種だといえます。

弊社では毎月顧問先が増加し、成長を続けております。またここ数年、差別化の経営戦略により成果を出しております。詳しい内容は、後述致します。

会計事務所の差別化戦略

前述の通り、会計事務所業界は成熟期に入りました。そこで必要になるのが「特徴のある事務所」になることです。巷には、低価格タイプ、専門特化タイプ、多業種融合タイプ、高付加価値タイプなど様々な戦略を掲げる会計事務所が増えてきました。

低価格タイプ インターネットマーケティングを中心に、文字通り低料金設定で競争に打ち勝とうという事務所
専門特化タイプ 相続税や国際税務など税目で特化するタイプや、歯科、医業、飲食など業種で特化する事務所
他業種融合タイプ 弁護士、司法書士など他士業と連携していわゆるワンストップを実現するタイプ、建築業等と連携して取り組む事務所など
高付加価値タイプ 会計事務所の本来業務である会計、税務を会社自らが申告のためではなく経営のために活用できるように経営のアドバイスをするような戦略をもつ事務所
弊社では、高付加価値タイプの戦略をとっています。経営支援型会計事務所として、税務申告業務のみならず、会社の業績を良くし、経営者の経営理念やビジョンを達成するための支援をしています。 経営支援のクオリティで全国 No.1 を目指してきましたが、実際に「第一回経営支援倶楽部全国大会」で最優秀賞をいただくことができました。

どんな人材を求めているの?

会計事務所側の本音は、税理士試験受験経験者、簿記検定 2 級などの資格を持っていて、業界を数年経験している即戦力…ということになろうかと思います。
仕事の内容にもよりますが、外回りをするのであれば、社長や経理担当者と円滑にコミュニケーションを取れる方…となります。
また、別の見方からは、複雑な税法や、経済取引について、適切に処理できるための研究者タイプの方…という側面もあります。
この多様なニーズに対して、会計事務所側が何を求めているのか、これから勤めようと考えている人がどんな仕事をしたいと思っているのか、これが会計事務所就職の最大のミスマッチングポイントだと思います。事務所の雰囲気なども大切な要素です。

未経験者は敬遠される?

一般的に、未経験者は、注目されない傾向にあるようです。経済情勢が厳しい折、どこでも即戦力が欲しいということでしょう。
資格がない、経験がないというだけで判断されるのは非常に残念なことだと思います。
他業種からの転職の場合もあるでしょう。そういった方を快く受け入れてくれる事務所もあります。どんどん応募して、選び選ばれる関係であることを自負してください。

弊社では、多様な採用形態を検討し続けています。当然ですが、資格や経験を求める部署もあります。しかし、経営理念や将来のビジョンを共有していただける方の「成長性、協調性」を重視しています。会社とともに、自己成長を続ける意思のある方であれば、資格、経験を問いません。
一緒に働きたいと思っていただける方のご応募お待ちしています。

独立する人は嫌がられる?

これも一般論ですが、独立志向の方は敬遠されます。それはそれで当たり前と言えば当たり前です。
会計業界も、長年にわたり、個人事業主経営で、スタッフは丁稚奉公というスタイルでした。しかし、税理士法人化が解禁され一般企業としての様態を成して拡大している事務所、独立支援をする事務所、独立後の協業しようという事務所など、まだ少数ではありますが様々な人事ポリシーをもった事務所が出てきています。
会計事務所の将来ビジョンと、働く人のライフプランに整合性がとれ、目標とやりがいの持てる環境を作れると、双方が幸せだと常々考えているところです。

弊社ではマネージャー以上になればBrothershipグループの中で独立できる制度を設けています。

薄給業界?

正直、結構な薄給業界だと思います。とくに勤めはじめの数年は…。会計事務所といえど、零細企業ですから当然と言えるかもしれません。
能力や業績に関わらず、ずっと低いままというケースもあるようです。しかし、実力と会社の業績によって年俸が上がるケースもあります。
「人事評価、賃金制度」については、面接や説明会では聞きにくいかもしれませんが、確認が大事なところになりますので、あとあと尾を引かないような対応が求められます。
一方で「禄は後から付いてくる」という考え方も大切です。お客様に喜ばれるように、実力をつけ、業績に貢献し、そんな仕事ができれば必ずお給料は上がります。

弊社では、付加価値の高い経営支援サービスを提供しています。その結果お客様は業績が向上し、弊社は顧問料が増加し、スタッフは給与が上がるという正のサイクルを目指しています。
給与水準は業界内では良い方だと思います。人事評価制度や賃金制度は面接時に説明させていただきます。

労働時間について

特に資格を目指しながら働きたいという方は、ここが気になるところだと思います。
この点も会計事務所によって異なります。
定時で帰宅できる事務所もあれば、毎日遅くまで皆が残っているという事務所もあります。
給与体制も含め、試験組に配慮した勤務形態を設けている事務所もあります。
また、お客様の増減にも労働時間は大きくかかわります。成長している会計事務所であれば、お客様が増えて、その対応で労働時間が長くなるという傾向があります。

弊社は、有り難いことですがお客様の増加により、時間が長くなるというタイプに属しています。
しかしながら、ワークライフバランスを大切にし、希望に沿った働き方を推進しています。
無駄に残業しなければいけないような雰囲気は全くありません。

会計事務所で描くキャリア

資格取得して独立!

「税理士試験に合格して、実務もマスターし、将来独立したい!」そんな夢をお持ちの方も多い業界です。大いに素晴らしい夢だと思います。
ただし、独立はゴールではなくスタートです。また試験合格もゴールではありません。
ここを間違えると現在の厳しい状況の中では、独立したけど食べていけないという場合もあるようです。
独立までに、どんなキャリアを積んで、どのような思いで働くかが重要だと感じます。

弊社では、独立志向の方が、一緒にやっていきたいと思っていただけるような組織を作るのがひとつの理想だと考えています。将来的に、独立を考えている方でも、ぜひご応募ください。

最終的に税理士資格が必要? 会計事務所で働くメリット

反対に、資格が絶対に必要なのか…と問われれば、そうではないと考えています。
資格はあくまでも道具です。もちろん有るに越したことはないので取得の支援は有るべきです。
ここで会計事務所で働く最大のメリットは何なのかを考えてみましょう。
それは 2 点あるのではないかと考えています。
まず 1 点目は、「将来のキャリアの選択肢が広いこと」。先に述べた税理士資格を取得する以外にも、周辺業務である社会保険労務士、行政書士、司法書士、中小企業診断士、不動産鑑定士など士業系の資格取得を目指しながら専門知識を身につけてお客様の役に立つこと。また、コンサルティング能力を磨いていくことなど、自分次第で様々な道が拓けることです。
次に 2 点目は、「経営が学べること」。毎月、毎日お客様の経営に関わります。様々な業種、様々な規模のお客様との接点があります。さらに、そのお客様の会計という丸裸の情報を扱うことになります。「経営」を学び、「経営」を肌で感じる仕事です。
法令を遵守し、正しい経営を行い、成長し、さらには経営者や従業員の方々の資産形成にも寄与する、そんなキャリアが人生の役に立たないはずはありません。
まさに弊社においても、この「経営」に重点を置いて、お客様の支援、お役立ちに貢献することを目的としています。

会計事務所経験者の方へ

前の事務所の経験は役に立つ?

もちろん役に立つことが多々あると思います。
しかし、お勤めになっていた事務所の業務が、次の事務所でも同じかというとそうではない可能性もあります。
お客様の規模、取扱い税目、事務所における成果物、提供資料なども異なるでしょう。
転職においては、今までの経験を活かしつつ、「新しい能力を身に着けたい」という思いが大切です。
弊社においても、新しいことに挑戦したいという意欲のある方を求めています。
特に、「経営」に興味があり、多少経験が浅くても、お客様の役に立ちたいという意欲のある方は大歓迎です。

経営コンサルタントに興味のある方へ

コンサルティング業務を行っている会計事務所

まだまだ、数は少ないですが経営コンサルティング業務を行っている事務所もあります。
一般にコンサルティング業務とは、有名コンサルファームや、その出身者が、大企業向けに業務を行っていることが多いですが、会計事務所の強みであるお客様の財務内容を把握できるという視点に立った、中小企業対象の経営支援型のコンサルティング業務があります。
この仕事は、経営を学ぼう、企業の役に立とうという使命感をもって取り組む意欲のある方が向いています。
他業種からの転職組も活躍しています。
赤字企業が 7 割を超えるとされる中小企業を黒字化させるお手伝い!これは、ものすごくやりがいのある仕事のひとつだと思います。

無料経営相談お申し込み受付中