経営支援型 税理士事務所  税理士法人ブラザシップ

ブラザシップコラム Brothership Column

代表コラム

創業の思い

2021.07.06

115 views

7月になると、毎年事務所を承継した日の事を思い出します。
本日のコラムは、私事ですが私が事務所を父から承継し、現在のブラザシップを作り上げたストーリーを書きたいと思います。
事務所を知っていただく上で、経営者の創業の思いはとても重要だと思います。
少しでも共感いただければ幸いです。

きっかけ

私が会計事務所を経営することになったのは、今からちょうど13年前になります。
当時31歳だった私は、大手監査法人に会計士として勤め、上場企業を中心に会計監査の仕事をしていました。

私が会計士を目指したきっかけは父でした。

父は小さな会計事務所を経営しており、自宅で仕事をしていたのでお客様に尊敬される父を日常的に見ていました。私は父への憧れの思いから会計士を目指すことにしたのです。
いつかは一緒に仕事をと思っていましたが、その時はまだ修行中の身と思い、具体的に事務所承継について考えたことはありませんでした。

予期せぬ父の急死

そんな時、予期しないことが起こります。
父のがんが発覚したのです。

私は急遽監査法人を退職し、事務所を引き継ぐことに。

病床の父の教えを受けながら、何とか引継ぎ作業を進めていましたが、1か月後に父は他界してしまいました。

引継ぎ作業もほんの一部しかできておらず、悲しみに暮れることもできないような状況でした。
その時の事務所メンバーは、私と妻、母と姉の4人。家族経営の事務所でしたから、家族の生活を守るためにも必死になって働きました。

中小企業の経営者のすごさを知る

このような状況での事業承継ですから、最初はお客様の顔もわからない状態からのスタートです。
さすがに半分ぐらいのお客様は離れていくだろうと思っていました。

しかし、あるお客様から、こんな言葉をいただきました。

「君のお父さんには本当にお世話になった。だから、今度は君に私が恩返しをするよ。1年間で結果を出してくれ。応援するから」

本当に涙が止まりませんでした。税理士は中小企業の経営にとって重要な存在です。息子とはいえ、あったこともない私に父に受けた恩を返そうとしてくださる。なんて器の大きい人なんだろうと思いました。

他にもたくさんのお客様が同じような声を掛けてくれました。そして、結果として1社もお客様が弊社を離れていくことはありませんでした

恩返しをするために

このようなお客様からの大恩をお返しするために、私に何ができるのか?
必死に考えました。

そもそも、中小企業の経営者の方は何に困っているのか?

前職で私は大企業の監査をしていました。上場企業の役員クラスの方々とも仕事をしましたが、彼らは本当に優秀でマネジメント能力が高く素晴らしい方ばかりでした。
事務所を継いだ時、中小企業の経営者の方々の能力は、そういった方々よりは高くないのではないかと思っていました。
しかし、そんなことはありませんでした。粗削りな部分がある方もいますが、本当に能力が高く、経営者としての覚悟人間としての魅力、そして上記で書いたような器の大きさ、とても素晴らしいものをお持ちの方ばかりです。

しかし、中小企業経営者は、その能力を本当に経営に活かせているのか?

経営者の個人的能力の反面、組織の経営管理体制を見ると、とても脆弱なことがわかりました。
経営の目的(経営理念)を明示することなく、目標設定せずに経営をしている。そして、目標が明確でないので計画もなく、日々漫然と仕事をしているケースが本当に多いことがわかりました。
もちろん、すべての中小企業がこのような状況ではないと思いますが、経営管理体制が秀逸に構築されている会社は少ないのではないかと思います。

まさに私の専門分野の技能が中小企業の経営には足りていないということが分かったのです!

「これで恩返しができる!」

そう思いました。

そして、現在の経営支援サービスを作り上げていったのです。

何を成し遂げたいのか

私の父は、とても優秀な税理士だったと思います。
お客様のことを親身に考え、経営者のご家族にまで入り込むような税理士でした。父は幼いころは貧しく苦労人でしたので、苦境に置かれている経営者の気持ちがよく分かったんだと思います。
結局、私の理想は父のような税理士になることです。お客様のために親身になって動ける税理士になりたいということです。
私が取った手段は父とは違いますが、目指しているところは同じなのではないかと今は思います。

経営理念
「全職員の物心両面の幸福を追求し、社会に貢献する」

ビジョン
「会計事務所の新しい未来をかたちづくる」

ミッション
「中小企業経営に安心と感動を与え、中小企業を成長発展させることで、社会を活性化する」

バリュー
「私たちは、経営者の良きパートナーとなり、迷いなく意思決定ができるように導き、経営者が本来持っている力を最大限引き出すことで、成長発展に貢献する」

ブラザシップ・コンパスより

ここに掲げる経営理念等は、父の思い、私の受けた御恩をお返ししたいという思いからできています
この思いに誠実にこれからも事務所を導いていきたいと思います。

今後の展望

税理士事務所として、経営者に安心して経営していただけるような環境を主に税務業務面からサポートしていくことは変わらず行っていきます。

そして、私たちの事務所の特徴である「経営支援サービス」をさらに組織的に展開していきます。
個別のコンサルティングサービスと連動する集合型コンサルティングサービスである「BrothershipCollage」をさらに活性化し、多くの中小企業経営者に良質な学びの場をご提供していきたいと考えています。

(包括代表社員 加藤義昭)

コラム一覧に戻る